2012年06月23日

『黒執事』ファンにお薦め・勝手に「ふくろうの本」フェア(1)



図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔

村上リコ
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】

 おかげさまで『図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔』無事に発売の運びとなりました。ありがたいことに、帯には『黒執事』の枢やなさんにコメントとイラストを寄せていただきました。

『図説 英国執事』が仲間に入っている河出書房新社「ふくろうの本」は、数多くの図版を使い、いろいろなテーマについて平易かつ詳しく説明してくれるシリーズです。「図版たくさん」という以外には構成上の縛りは少ないようで、構造、レイアウト、難易度はさまざまです。

 私も以前より、少しでも気になるトピックについて「ふくろうの本」から出ていればまっさきに購入する、くらいの勢いで愛読してきました。初めて河出の編集さんと打ち合わせをしたとき、帰り際に「ふくろうの本で欲しいものがあったら差し上げますよ、英国関係だったらアレとかコレとかどうですか……」と言っていただいたのに「あ、持ってます。それもあります。買いました!」と、ほとんど網羅してしまっていたぐらいです。

 そんな「ふくろうの本」シリーズには、コミック『黒執事』の世界観・時代背景に魅力を感じておられるファンの皆様がおもしろく読めるような本が、たくさんあります。ということで、せっかくですから勝手に「ふくろうの本」応援フェアを開催させていただきます。ひょっとしたら書店で手に入りにくいものもあるかもしれませんが、注文したり図書館にリクエストしてみてください。

 まず最初は、これまでにブログや記事やいろんなところで推薦してきたものばかりですが、ほんとにいい本なのでしつこくおすすめ。あと、自分の本の宣伝はご容赦ください(笑)。



図説 ヴィクトリア朝百貨事典

谷田 博幸 著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN:978-4-309-72665-6 ● Cコード:0322
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】
「執事は新聞にアイロンをかけるらしい」と聞いたことがある人もいるはず。でも、19世紀のアイロンってどんな形でどう使う? 当時は麻薬が合法だったって本当? ノアの方舟のおもちゃって? 電報、電話、電気に電灯の発明と普及具合は? 「モノ」で知るヴィクトリア時代に興味はつきない。




図説 英国レディの世界

岩田 託子・川端 有子著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN:978-4-309-76158-9 ● Cコード:0339
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】
『ヴィクトリア朝百貨事典』の中流レディ版。英文学・児童文学の研究者二人による、「女こども」の生活事典。髪の毛のアクセサリー、舞踏会にロマンス小説、イースター・エッグ、クリスマス、そして喪服……。少女時代から結婚、奥様稼業、子育て、そして未亡人になるまで、当時の中流女性たちがたどった人生の段階を追ってゆく構成がわかりやすい。



図説 イギリスの歴史

指 昭博 著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN:978-4-309-76010-0 ● Cコード:0322
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】
歴史画、諷刺画、写真がたっぷりの、目で読む英国史。ひとつひとつの図版にかなり長めの詳しい説明文が添えられていて勉強になる。コラムとあわせてかなりの情報量。年表や系図、人名索引、地図もしっかりついている。英国の「通史」に興味が出たら最初の一冊に。



図説 英国メイドの日常

村上リコ 著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN:978-4-309-761640 ● Cコード:0339
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】
百年前の英国では、大多数の女の子がメイドとして働いていた。「ふつうの女子」であったメイドの暮らしを、さまざまな図版と証言から探り出す。ハードな仕事のタイムスケジュールから、給料、余暇、ピンクや水色のカラフルな制服、友情、そして恋や結婚まで。



図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔

村上リコ 著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN:978-4-309-76192-3 ● Cコード:0339
【amazon】 / 【紀伊國屋書店】 / 【楽天ブックス】
フィクションの登場人物としてはかなりなじみが深いのに、「実際のところはどうだったのか?」があまり知られていない執事について、起源から実態まで洗い直す。個人的なお勧めポイントは、第2章「主人の生活」と第8章「執事と主人」。雇い主の存在なくして執事の姿も見えてこない。


(……全3回の予定は未定)
posted by rico at 16:29| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

twitter画像集(2012/5/31〜6/3)男性使用人編

4309761925

図説 英国執事〜貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
村上 リコ

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309761923

 新刊『図説英国執事』、もうあと少しで皆様のもとにお届けできることかと思います。どきどきです。少しでも本の中身の雰囲気がわかるよう、用意したけど使わなかったこぼれ画像をtwitterにてご紹介してきました。ここにまとめておきます。

5/30
120529.jpg

「ジョーンズ氏のお義母上が『一週間すごしに』やってきた」。わんこにオウムに、大量のトランク。迎えるメイドも、御者(二重ケープのコート)も、ちっちゃなページボーイも大変。『パンチ』1858年。 http://t.co/rhdU3038
posted at 20:07:35



5/31
120531.jpg

「実利とエレガンスの統合」きのうにつづいて『パンチ』1858年。スカートをふくらますクリノリンの全盛時代、傘はこのくらいないとダメだった?物売りに道路掃除、路上で働く子たちもちゃっかりと雨宿り。舞踏のようなフットマンの脚さばきが可笑しい。 http://t.co/3Sx3BCtk
posted at 18:50:57


18世紀くらいからかな、伝統的な男性の正装に合わせる靴はパンプス。正装姿の執事やフットマンもよくはいている。いまでいうバレエシューズみたいな形で、ピカピカのエナメル革(パテントレザー)だったりして、リボンがついていてフェミニンで可愛い。
posted at 18:53:24



6/1
120601.jpg

きょうは1895年の『パンチ』から。「ジェンキンズ、今朝は<遅れた>じゃないか」「はい御主人様、わたくしが<寝床に身をつつみすぎ>ましたことをおわび申し上げます」ことばづかいは厳密にしたい執事。(寝坊した事実は変わりません) http://t.co/g8S0uwXb
posted at 18:20:38



6/2
120602.jpg

ごく初期の自動車とお仕着せ姿の運転手。トム・ブラウン画のポストカード、たぶんエドワード時代のもの。 http://t.co/IzmHHqBq
posted at 20:13:49



6/3
120603.jpg

1883年の家庭雑誌のファッション通信ページから。飲み物を持ってきてくれるフットマンは、レディにとってアクセサリーの一部みたいなもの? http://t.co/he5UEdbw
posted at 19:12:06


……ただし、掲載誌は英国のほどほど中流ファミリー向けで、専門の女性誌でもなければパリの高級ファッション誌でもないので、版画のクオリティやドレスそのものは、そこはかとなくあかぬけない感じがしないでもない。
posted at 19:12:38



 ……なんというか、せっかく帯にすばらしいセバスチャンが降臨してくれたというのに、どうもそういう「あくまで執事」方面とか「ディナーのあとに謎解き」方面とか、「見た目若くて美しくて格好いい系執事」に欠けるような印象を受けるかもしれません。正直それは否定できません。かわりにといってはなんですが、「ハンサムでふくらはぎが格好いい系フットマン」(執事の部下で、お仕着せ姿で給仕などをする若手の男性使用人)や「初老で体格と血色がいい系執事」はいつになく充実していることをお約束いたします。
posted by rico at 11:40| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

『図説 英国執事』情報更新&セバスチャン降臨

4309761925

図説 英国執事〜貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
村上 リコ

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309761923

『図説 英国執事』公式サイトの書誌情報が更新されました。本文の抜粋を少し読めます。タブをクリックすると目次の項目も見られます。よろしければごらんください。

 注目は「コミック『黒執事』作者枢やなさん推薦」の一文。実は今回の本の帯に、枢やなさんの推薦コメント&イラストをいただくことができました。ありがとうございます! 描きおろしセバスチャンが降臨ですよ。ファンの皆様は必見です。

 かためのラインナップである河出書房新社「ふくろうの本」シリーズの帯に、コミックのイラストを登場させるというのは、前例のない試みだそうです。どきどきしますが「お初いただき」ということで、むしろ光栄に思っております。

 そして、コミック売り場担当の書店員の皆様におかれましては、ぜひ先月発売の『黒執事』最新14巻の隣に並べてくださいますと幸いです!
posted by rico at 12:23| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

『図説 英国執事』カバーについて

4309761925

図説 英国執事〜貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
村上 リコ

 再来週あたりに発売予定、きのうアマゾンのサイトに画像がアップされました。新しい本『図説 英国執事』のカバー写真についてのお話です。

 当初は『図説 英国メイドの日常』と対になるように、できればヴィクトリア時代の風俗画で、ちょうどいいのがあればとあちこち探していました。しかし覚悟はしていたものの、本の表紙という役割にぴったりきてくれるものがなかなかない。執事ってどこまでも脇役なもので……。

サイモン・エルウェス「サー・リチャード・サイクス、 七代スレッドミア准男爵の肖像」1936年

 ↑最後まで迷ったのはこれ。絵としてはかなり好きで。仕事中の雰囲気が出ていて良いし、壁の色合いもシックですてき、奥にはもうひとり従者らしき人影もある。画風や背景の感じも『英国メイドの日常』と相性がよさそう。でも、主役はあきらかに赤い狩猟着の准男爵。「何の本かわかってもらえないかも」「執事と読者の目線が合わない」という指摘でペンディングに。

マナーハウスPRバナー

 その後、エドワード時代再現リアリティ番組『MANOR HOUSE (Edwardian Country House)』のスチル写真を担当さんに見せたところ、編集部の反応が非常によいとのことで、画像エージェント経由で借りることになりました。(「眼鏡執事!」と食いついた方がいたとかいないとか……笑)

 ただ、校正の最終段階に近いところで急遽決まったこともあり、今回の本の本文には出てきません! ファンの方、すみません。

 同時代の絵や写真ではなく、本職の執事ではない、21世紀の再現テレビ番組の出演者の肖像、ということで少し迷いもありました。しかし、出来上がってみたら、やっぱり映える。みんなの期待する「英国執事」のイメージを背負って、その役割を演じ切ったひと。こっちをしっかり見てくれて、扉をあけて、大邸宅の世界に招き入れてくれる。

 結果的に、カバーと中身がなかなか釣り合う出来になったんじゃないかと思っております。実際どうなのか、ぜひ実物で確認していただければと思います。

(それにしてもミスター・エドガーご本人は、自分の写真が日本で本のカバーになってるなんて、知る由もないにちがいない……)
posted by rico at 15:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

『図説 英国執事〜貴族をささえる執事の素顔』予約受付開始

 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309761923
(出版社公式サイト)

 新刊『図説 英国執事〜貴族をささえる執事の素顔』河出書房新社より六月後半に発売予定です。カバーデザインなどもすてきに固まり、ほとんど完成というところまでこぎつけました。表紙画像を早くお見せしたいところですが、いましばらくお待ちくださいませ。

 アマゾン、HMVローソン、e-hon、セブン&アイなど一部のオンライン書店では予約受付が始まっております。どうぞよろしくお願いします。

図説 英国執事 ーー貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
村上 リコ
4309761925

 ↑リンク先はamazon。

120524.jpg

 なんとなく落ち着きどころがなくて使いそびれたポストカード。1914年8月28日ノリッジの消印。……って、第一次世界大戦はじまってるじゃないですか。
posted by rico at 17:36| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

『図説 英国執事』河出書房新社より6月発売予定。

120517.jpg

 こんにちは。村上リコです。おひさしぶりです。

『図説 英国メイドの日常』に引き続きまして、昨年よりずっと、表題の本に取り組んでおりました。(仮)がとれてタイトルが確定しましたのでご報告いたします。「〜の日常」とかなしです。『図説 英国執事』。直球です。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309761923

『メイド』と同様、河出書房新社ふくろうの本、図説シリーズになります。ページ数が確定していないのですが、また少しだけ増える予定。

 19世紀後半から20世紀初頭を中心に、執事と男性家事使用人の実生活にまつわるあれこれを書きました。「執事ってそもそもなんなの? 何をする人?」「何を着て、どんなところに住んで、何を食べていたの?」「出世の方法は?」「働きながら何を考えてたの?」「主人や坊ちゃま、奥様・お嬢様についてどう思う?」などなど、素朴な疑問からディープな話題まで、さまざまな同時代のヴィジュアル資料と証言をもとに構成しています。

 内容の詳細や、載せられなかったこぼれネタなど、追々ご紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 身辺報告はツイッターにて。ほぼ毎日つぶやいてます。

 https://twitter.com/murakamirico

※上の写真はロンドンのパブ「アイ・アム・ジ・オンリー・ランニング・フットマン」の看板。
posted by rico at 14:19| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

twitter画像集(12/8〜16)「コスプレ&メイド」編+近況

 ブログではごぶさたしております。年末に身内の不幸がありまして、新年のご挨拶は控えさせていただいております。個別にご報告できず申し訳ございません。

 2011年はたいへんなことがありましたが、私自身にとっては転機の年でもありました。単著と翻訳書が出て、ありがたいことになんとかやっています。引っ越しをして都下を離れ、生活環境も変わりました。

 未来はどうなっていくのか、さっぱりわかりません。ただ、なぜだか悲観はしていません。あいかわらずいつでも自信満々とはいかないですし、日々の余裕もたいしてないのですけれど。ことしも書き下ろしの本と翻訳書を出せるようがんばっています。年初からもうあたまいっぱいいっぱい。

 本年も引き続き見守っていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします。

 以下はtwitterで昨年の12/8〜16にアップした画像です。なんとなくテーマをもうけてるんですが、だんだん適当になってきました(笑)。

2011年12月8日(木)
111208.jpg

可愛いコックさん。アメリカのペンシルバニア州に送られたポストカード、消印は1912年。通信文は「行いにはよく気をつけて。この娘みたいなことはしていないね」…差出人はイニシャルのみで、受取人の「レネ」との関係は想像するしかない。 http://t.co/0GFGvTIR
posted at 19:02:31


いかにも「プリント地のワンピース」という感じだけれど、キャップをかぶらせていないあたり、アメリカのお国柄か、1912年という年のせいか。切手は1セント。
posted at 19:14:54



2011年12月9日(金)
111209.jpg

可愛いコックさ…ん…? ポストカード、戦前のものと思うけど未使用で年代は不明。 http://t.co/Bpzk5TnY
posted at 21:55:48


異性の服を着てたり、何か職業の扮装をした写真にはすごく興味を惹かれるけれど、コレクターがいるのかひとまわり高い値段がついていることが多い。
posted at 22:13:32



2011年12月10日(土)
111210_02.jpg

「12世紀の貴婦人」。クリスマスにひらく子どものための仮装パーティーにおすすめのファッションカタログ。1883年の家庭雑誌から。 http://t.co/lQDIVbVL
posted at 20:17:24


111210_03.jpg

もう1枚、「魚売り女」。…もし、おねえちゃんが作ってもらったドレスが「貴婦人」で、自分が「魚売り女」だったらどんな感じだろう。なんて想像したりする。 http://t.co/HKyXg8LM
posted at 20:20:01




2011年12月11日(日)
111211.jpg

きのうのつづき。1883年の家庭雑誌から。子どもの仮装舞踏会への提案「ムーア人の召使い」。 http://t.co/IreHlG3z
posted at 20:57:58



2011年12月13日(火)
111213.jpg

キルトでスコットランド風に正装した子。カルト・ド・ヴィジット、年代は不明。ヴィクトリア女王がスコットランドのバルモラル城で過ごすことを愛し、王子や王女にも着せたあたりから、子どもにキルトを着せるのがすごく流行ったそうです。 http://t.co/IC0brxXQ
posted at 20:57:58


詳しくは特定できないけど、写真台紙の形式が古めなので世紀末よりは19世紀中盤寄りのものだと思います。
posted at 21:00:39


スコットランド男性のキルトって日本女性の着物ぐらいの感覚かな。エディンバラに旅行したとき、結婚式か何かでキルト姿の若い男の人たちがおおぜいバーにたまってるのを見かけたことがある。
posted at 21:17:06



2011年12月14日(水)
111214.jpg

子どもたちの仮装舞踏会。キャビネットカード。「私のおとうさん、メイベルおばさん、コニーおばさん」と書き込みされている。18世紀の紳士に扮して、姉妹と一緒に写っているこの男の子が、大きくなって子どもを持って、写真はその子の手に渡された。 http://t.co/BHjQJVMp
posted at 20:39:31



2011年12月15日(木)
111215.jpg

コスプレメイド…ではなく、男の子のほうがお盆とメニューっぽいものを持っているので、たぶんティールームのウェイトレス。1930年代ぐらいかな?通信面は印刷なしのポストカードサイズ写真。 http://t.co/YakGiTrk
posted at 19:44:59



よろしくお願いします。
eikokumaid
『英国メイド マーガレットの回想』
マーガレット・パウエル著 村上リコ訳
定価1,785円(本体1,700円)
ISBN 978-4-309-20582-3 ● Cコード 0098
【amazonで購入】 / 【bk1で購入】 / 【楽天ブックスで購入】

eikokumaid

図説 英国メイドの日常
村上 リコ 著
定価1,890円(本体1,800円)
ISBN 978-4-309-76164-0 ● Cコード 0339
【amazonで購入】 / 【bk1で購入】 / 【楽天ブックスで購入】




posted by rico at 15:33| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする