2008年12月31日

『黒執事』関連 未公開テキスト4

 年末お蔵出し企画、テレビアニメーション『黒執事』関連テキストその4です。

 2009年もよろしくお願いいたします。

#4『その執事、酔狂』
続きを読む
posted by rico at 19:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『黒執事』関連 未公開テキスト3

 テレビアニメーション『黒執事』関連のお蔵出しテキスト、その3です。次でひとまず終わりです。

#3 『その執事、万能』
続きを読む
posted by rico at 07:36| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

『黒執事』関連 未公開テキスト2

 テレビアニメーション『黒執事』関連のお蔵出しテキスト、その2です。

#2 『その執事、最強』
続きを読む
posted by rico at 12:58| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

『黒執事』関連 未公開テキスト

 たいへんおひさしぶりです。ようやく仕事おさめな感じの今日このごろです。いかがおすごしでしょうか。

 諸般の事情でお蔵入りになっていた『黒執事』関係の記事を、もったいないのでリサイクルしてみます。アニメの1話ずつに対する時代背景紹介文です。調子に乗っていっぱい書いちゃったため使えなかったもの(笑)。

 現状では、1〜4話と、別のメディア向けに書いた13〜15話の分しかないのですが……。順番に紹介していきたいと思います。

#1『その執事、有能』
続きを読む
posted by rico at 17:44| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

夜想#ヴィクトリアン 続報

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2008/10/post_663.html

 ステュディオ・パラボリカのギャラリーで、11月に、雑誌「夜想#ヴィクトリアン特集」に合わせた展覧会が開かれます。ヴィクトリアンをモチーフにしたイラストや写真の展示、トークショーなど。コナン・ドイルが所蔵していたという「心霊写真」も見られるそうで、楽しみにしています。

http://www.2minus.com/y05_n.html

 雑誌のほうは、ジュンク堂紀伊国屋書店、ブックファーストなどの書店に順次入荷しているようです。アート、写真集、文芸評論などのコーナーにあります。地方の支店まではわかりませんが、取り寄せできると思います。

 ビーケーワン楽天ブックスセブンアンドワイなどのインターネット書店にも入荷が始まっています。


yaso

『yaso 特集+ヴィクトリアン』


 ビーケーワンは今のところ24時間以内配送可能、送料無料。

emb1
『夜想』


 amazonは品切れ中。そのうち入るかな。

 がんばって2本記事を書きました。よろしくお願いいたします。
posted by rico at 17:59| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

夜想#ヴィクトリアン

http://www.2minus.com/y05_n.html

 ステュディオ・パラボリカの雑誌「夜想」に、記事とブックガイドを寄稿しました。

「モノ語り」は、ヴィクトリア時代の(私の好きな)モノを通じて、当時の女の子たちが抱いていた階級観を想像してみる、という内容です。レディやメイドの帽子、マナー・エチケットの手引書、女の子むけの雑誌(に載っていたメイドからの投稿)などについて、図版を交えて書いています。

「読書案内」は、「フェーバリットを紹介してください」というお話だったので、いまの興味対象を正直にあげていったところ、ノンフィクションと家事使用人関係のゴッタ煮な感じになりました。

 一部書店の店頭販売と、オフィシャルサイトから通販ができるようなので、よろしければ読んでみてください。

 すばらしい写真やイラスト、最前線の考察、心をゆさぶられるコラムが載っています。

(……って、平常をよそおって書いていますけど、実は内心、心臓バクバクです。「夜想」といえば胸が高鳴ります。それにいつも読者として一方的に楽しみ、教えていただいている方々が何人も登場されていますので……)
posted by rico at 20:05| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

TVアニメーション『黒執事』

kuroshituji.gif

 10月2日から放映開始の新作テレビアニメーションです。

 メインキャラクターは、十二歳の少年伯爵と、彼に仕える美しくてミステリアスな執事。ダークでゴシックでヴィクトリアンで、ホラーでオカルトでコメディで、アクションでミステリーでファンタジーで……。いろんな魅力がいっぱい詰まったパワフルな作品です。月刊「Gファンタジー」掲載、枢やなさん原作。

 作品の舞台は、十九世紀の英国をベースにした世界です。私は「考証協力」というクレジットで参加することになりました。シナリオ会議での「ねただし&しらべものがかり」を中心に、いろいろお手伝いさせていただいてます。公式サイトのブログに制作スタッフの方も書いてますが、現場の雰囲気が本当に良くて、打ち合わせがすごーく楽しいです。

 アニメ『黒執事』公式サイトの「英国裏話」というコーナーにコラムも書きました。初回は英国執事のお仕事解説です。

●放映予定

MBS 10月2日より毎週木曜25:25〜
CBC 10月2日より毎週木曜26:30〜
TBS 10月3日より毎週金曜25:55〜
東北放送 10月3日より毎週金曜26:15〜
静岡放送 10月3日より毎週金曜26:15〜
中国放送 10月4日より毎週土曜26:40〜
熊本放送 10月5日より毎週日曜25:50〜
北海道放送 10月6日より毎週月曜26:25〜
山陽放送 10月6日より毎週月曜26:25〜
RKB毎日放送 10月6日より毎週月曜26:30〜

※放送時間は変更の可能性があります。 最新の情報は番組の公式サイトや、各放送局の番組表でご確認下さい。

 そろそろ発売されるお仕事がもうひとつあるんですが、長いのでまた次の機会に。
posted by rico at 12:23| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

『エンバーミング(1)』発売中

 お仕事としてかかわっている作品がいくつか発表されております。順番にご紹介していきたいと思います。

emb1
和月 伸宏『エンバーミング 1―THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (1) 』


 『フランケンシュタイン』を大胆に換骨奪胎。十九世紀末の英国を舞台に繰り広げられる愛と復讐のアクション・アドベンチャー、第一巻が発売中です。

 雑誌連載時に併載されていた、時代背景解説記事「エンバーミング博物誌」が、コミックスにもほぼそのまま収録されております。私の担当は、コラムのネタ出し協力と監修、図版の提供。手元の古い雑誌から転載したイラストと、撮りためた取材写真、版権フリー素材集などからのカットが3:1:1くらいの割合かな?

 記事の文章執筆は、小説家の黒崎薫さんが担当しています。黒崎さんは「ストーリー協力」という役割でお話作りのほうにもかかわられています。なので、コラムの中でのキャラいじりは確信に満ちていて、各回、番外編のように読ませます。

 雑誌の方では、現在発売中の10月号で第10回(もうそんな……!)。今回のテーマはオートマチック銃など。

 以下は、「博物誌」第9回(先月発売号)の未掲載分図版。
続きを読む
posted by rico at 12:33| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

『マナーハウス 英國発 貴族とメイドの90日』リピート決定

http://www.manorhouse.jp/
http://www.mystery.co.jp/

 『マナーハウス 英國発 貴族とメイドの90日』は、オーディションで選ばれた普通の人たちが、准男爵一家と使用人の役になって百年前の大邸宅の生活を再現するという、英国チャンネル4制作のリアリティショーです。リクエストにお応えして、CS/ケーブルのミステリチャンネルにて6月再放映決定とのこと。たいへん面白いコンテンツなので、前回見逃した方はぜひどうぞ。

 日本語字幕版DVDが発売されています。

マナーハウスPRバナー
『MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 (スペシャルBOX)』


 本編+144分の特典映像+100ページの解説冊子がついた「スペシャルBOX版」は公式サイトでのオンライン通販限定です。

  SQ200805
『MANOR HOUSE(マナーハウス) 英國発 貴族とメイドの90日 【3枚組】』


 本編映像+16ページブックレットの「一般発売版」はアマゾン他のDVDショップで購入できます。
posted by rico at 23:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

プロフィール更新

080508.jpg


 画像と本文は関係ありません。(ライの郊外早朝散歩中に出会った子羊さんたち。めっちゃ見られてる!)

 お問い合わせをいただいたのを機に、長らく古いままになっていた自サイトのプロフィール情報を更新しました。シナリオ執筆のお仕事は最近ないので、シナリオライターの看板を下ろしました。機会があれば、また挑戦していきたいと思います。
posted by rico at 16:36| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

『ジャンプ SQ. 2008年 06月号』

  SQ200805
『ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 06月号』


 発売中です。解説記事「エンバーミング博物誌」のお手伝いをさせていただいております。第6回の今月は、メアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』について、黒崎薫さんがわかりやすく魅力的に解説されています。

  フランケンシュタイン
メアリ・シェリー 森下 弓子訳『フランケンシュタイン』


 記事を読んで小説に興味が出た方はこちらをどうぞ。200年近く経過しても色あせない問題意識を含んだ作品だと思います。漫画『エンバーミング』のストーリー展開に関するヒントが見つかるかも!?

 先月5月号の第5回は、お菓子祭り的な内容でした。そのときにご紹介したイラストをちょっと大きく掲載します。

080505_01.jpg

 1898年の女の子雑誌から。お茶会ファッションを紹介するイラストです。お茶を注いでいるホステス役の女性はティーガウン姿。手前の訪問客は帽子や手袋をしたままお茶を飲んでいますね。

080505_02.jpg

 こちらは未掲載。小説の挿絵です。

 イラストを取った本の状態はそれほど悪くなかったんですが、おおもとの印刷というか製版があまりよくなくて、なんだかもやもやしてますね。もっと古い本の方が鮮明で線の写りはキレイだったりします。世紀末の1890年代になると、雑誌のさし絵にも、イラストだけでなく写真がどんどん増えてきます。手彫りの木版・銅版から、写真製版に移行する過渡期なのだろうなと考えています。
posted by rico at 18:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

『ジャンプ SQ. 2008年 05月号』

  SQ200805
『ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 05月号』


 新しい号が発売中です。黒崎薫さんが執筆する企画記事「エンバーミング博物誌」の、監修とお手伝いをさせていただいております。第5回の今月はお菓子ぜめ。スイートなコラムに対して本編は大変なことに!

 今、仕事がちょっぴり押し気味なので、こぼれ話はまたの機会に。
posted by rico at 23:46| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

『ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 04月号』と映画『クイーン』

ジャンプスクエア4月号
『ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 04月号』


 発売中です。黒崎薫さん執筆のコラム「エンバーミング博物誌」の監修とお手伝いをさせていただいております。第4回の今月はカラー写真・ボックスカメラ・裁判離婚のお話。

 先月3月号でご紹介した画像が少し小さめだったので、こちらに掲載しますね。クリックで拡大します。

presentation_at_court

 「社交界デビュー」のステップとして、ヴィクトリア女王に謁見する女性。1898年のファミリー雑誌の挿絵です。当時の女の子雑誌に掲載された体験記を読みますと、実際に女王本人が会ってくれるかどうかは直前までわからなかったため、ドキドキしながら準備していたところ、前日の夜になって皇太子夫妻が主宰と判明し、ちょっぴりがっかり……といった心情がつづられています。そして、そんな女子たちが読んだかもしれない当時のマナー集には、深く膝を折っておじぎをすること、3ヤード(約2.7メートル)もある礼装の引き裾をうまくさばいて歩くこと、そして挨拶したあとは、女王には常に顔を向けていなければならないので、後ろ向き歩きで退出すること、などの礼儀作法が書かれていました。

クイーン
『クイーン』


 現女王のエリザベス2世は「社交界デビューとしての謁見」の習慣をすでに廃止していますが、映画『クイーン』ではそのイメージの名残りを見ることができます。ブレア首相と夫人のシェリーさんがあいさつに行く場面。首相が大仰にひざまずいて女王の手をとるところ、夫人がミニスカートで不格好に膝を折るようす、二人でそそくさと後ろ向き歩きでさがるところ、などなどがコミカルに描写されていました。ヴィクトリア時代そのままの伝統に生きる女王と、リベラルの世界からやってきた若い二人を、礼儀作法への態度をとおして対比させたのでしょう。

 自分のお仕事の話のつもりが、なんだかあんまり関係ない横道にそれてしまいました(笑)。『クイーン』は良い映画なので、ぜひ見てみてください。各種の映画賞を総なめにした演技はいうまでもなく、抑制のきいた演出、スコットランドの風景、宮殿の中の様子(本物とは違うところなんだけども、歴史を感じさせる建物)、陰からささえる秘書官の働きぶり、そしてスティーヴン・フリアーズ監督のオーディオコメンタリーが大変おもしろいです。私自身は特に王室びいきではないですし、礼儀作法も相当苦手なほうなんですけれども(笑)、あの方々のキャラクターと生活習慣には興味がわきました。
posted by rico at 11:23| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

『ジャンプSQ』2008年1月号

Lodon/Edinburgh

 ご報告が遅れましたが、新しい号が発売中です。今号は荒木飛呂彦先生が『ジョジョ』スピンアウトの読みきり『岸辺露伴は動かない』を寄せています。面白かったです。担当さんの話では、今後も名前を聞いたら「おおっ」と思うような方々が連載・寄稿準備中とのこと。

 黒崎薫さんの歴史コラム『エンバーミング博物誌』では、女性の下着&女性医師&あとタバコを少し、のちょっぴりアダルトな三題噺を展開(笑)。

 下は、今月未使用のこぼれ画像です。

071217cigar02.jpg

 1893年のファミリー雑誌より、タバコを吸うおじさま。ダブルのコートが「押し出し」感をかもし出しております。
posted by rico at 12:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

フランケンシュタインはじめました

ジャンプSQ

 集英社の新しいコミック雑誌『ジャンプSQ(スクエア)』が発売されました。和月伸宏先生の『エンバーミング』に付属する時代背景解説ページ『エンバーミング博物誌』をお手伝いしております。
 
 舞台は189X年のイギリス、ハイランド地方。雷鳴とどろく中でひそかに生まれる「人造人間」と主人公の死闘を描くアクション巨編です。

 解説記事の文章執筆は小説家の黒崎薫さんがおこない、私の担当は記事内容のためのネタだし、資料協力、素材提供などになります。マンガ本編はダークでシリアスなんですが、記事の方は絶妙なテンションに仕上がってますよ。さすが。

 ネタだし会議も愉快に進めておりますが、19世紀の古雑誌や「ヴィクトリアン素材集」などから、記事に添えるイラストをセレクトする作業がまた楽しいです。今月の挿絵は「新聞を読む紳士」で、1893年のファミリー雑誌から。よろしければご覧ください。

(用意したけど使わなかったイラストが出てくると思うので、そのうちご紹介しますね)
posted by rico at 23:39| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

『マナーハウス 英國発 貴族とメイドの90日』一般流通版11/9発売

banner03.jpg

http://www.manorhouse.jp/cat6/manor_house119.html

 オンライン通販限定スペシャルBOXセットのみの発売だった『MANOR HOUSE』が、おかげさまでご好評につき一般流通でも発売されることになりました! DVD店や、Amazonなどのオンライン店でも買えるようになります。予約のできるお店もあるようです。

●一般流通版DVD内容

 全話収録3枚組のBOXと1枚2話収録の単品ディスクがあります。

3枚組

『MANOR HOUSE(マナーハウス)英國発 貴族とメイドの90日 〈3枚組〉』
3枚組BOX/本編ディスク3枚・全6話収録+ブックレット16P

『MANOR HOUSE(マナーハウス)英國発 貴族とメイドの90日 1』
本編ディスク1枚・1〜2話収録

『MANOR HOUSE(マナーハウス)英國発 貴族とメイドの90日 2』
本編ディスク1枚・3〜4話収録

『MANOR HOUSE(マナーハウス)英國発 貴族とメイドの90日 3』
本編ディスク1枚・5〜6話収録

●「ミステリチャンネル」にて10/5(金)より放映

http://www.mystery.co.jp/program/manorhouse.html

 CSスカパー、ケーブルTV、BBTVなどで見られる専門局「ミステリチャンネル」にて今週末から放映開始です。ちょっとでも試しに見ると、きっとほしくなってしまう、すばらしい内容です。購入検討中の方、「ちょっと興味はあるんだけど」という方、ぜひ見てみてください。

マナーハウス 英國発 貴族とメイドの90日 /
The Edwardian COUNTRY HOUSE

10/5(金)21:00スタート

毎週

金曜21:00
日曜23:00
月曜10:00

のリピート放映予定。
正確な情報はウェブサイトや番組表でどうぞ。

●オンライン通販限定スペシャルBOXも発売中

 オンライン通販限定スペシャルBOXのほうも今のところまだ申し込めるようです。こちらは、100ページの解説書と特典ディスク『マナーハウスガイド』2枚が付属した計5枚組で16,800円(税込)。一般流通版と収録・同梱内容が異なりますので、ご確認ください。
posted by rico at 13:45| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

『MANOR HOUSE』レビュー掲載情報&近況

 ごぶさたしております。

 去る5月25日に、DVDセット『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』が発売されました。入手された方はお楽しみいただけていますでしょうか。

マナーハウスPRバナー

 「サイトでPRすると森薫さんorもとなおこさんのなま色紙が当たっちゃうかもしれないキャンペーン」の応募締め切りは6月3日までです。まだの方はお急ぎください。

 現在発売中の『文學界』6月号(文芸春秋社)に、毛利嘉孝先生による『MANOR HOUSE』鑑賞記が掲載されています。巻頭2つ目です。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/

 親しみやすいガイドブックのような書き出しから始まって、『MANOR HOUSE』の詳しい内容に言及し、当時の社会背景を紹介しながら、階級格差のありかたという今日的な問題について考える、興味深いエッセイになっています。

 購入検討中の方にも、鑑賞後の方にも楽しめる内容ですので、どうぞ読んでみてください。

 最近は『英國戀物語エマ』関係の取材をいくつか続けて行いました。来月にはご紹介できるかと思います。
posted by rico at 21:50| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

メ〜テレにて『英國戀物語エマ 第二幕』開始

 名古屋方面のみなさま。本日深夜よりメ〜テレにて『英國戀物語エマ 第二幕』が放映開始です。

emma_house.jpg

 27:15〜(5月12日 午前3時15分から)です。

 どうぞよろしくお願いいたします。

(上はアニメ版メルダース家のための取材写真)

emma2.gif

2007年04月26日

『MANOR HOUSE』で英語のお勉強

0704neko.jpg

 ※写真と本文は関係ありません(最近うちに遊びにくる猫さん)。

http://www.shane.co.jp/

「シェーン英会話&留学」の公式サイトに『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』タイアップ企画の告知が掲載されています。

★こちらへどうぞ★

 2007年5月7日(月)〜25日(金)の期間中、最寄りのシェーン教室で無料体験レッスンを受講し、サイトからプリントアウトした申込書を持参すると『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』DVD-BOXセットやオリジナルグッズが抽選で当たっちゃうかもしれないというキャンペーンです。

 ゴールデンウィーク明けからスタート。詳しくは申し込みページをお読み下さい。

 シェーンはイギリス英語に強い英会話学校。『MANOR HOUSE』とイギリス英語の両方に興味がある方にぴったりの企画だと思います。

http://www.shane.co.jp/feat/manor/

 キャンペーンの応募案内ページには『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』本編に登場するイディオムの解説も掲載されています。そうそう、こういうのが読みたかったのですよ〜。Enjoy it!

 DVD-BOX『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』の公式サイトはこちら。

manor02.jpg

posted by rico at 14:50| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

『MANOR HOUSE』関連ニュース

『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』情報です。がんばれM田さん・£ガールさん!

マナーハウスPRバナー

●『MANOR HOUSE 英國発 貴族とメイドの90日』オンライン試写会

 動画配信サイト「Showtime」にて、第1話と第2話のオンライン試写会が行われることになりました。抽選で100名様をご招待。詳しくはサイトでご覧下さい。

 トップページ(http://www.showtime.jp/)→プレゼントコーナー(メインメニュー右下段より)→ ■ 「マナーハウス」BB試写会ご招待

応募締切 : 5月2日(水)
試写日時 : 5月11日(金)18時〜5月13日(日)18時

 ちょっと観れば絶対ほしくなりますよ〜。面白いですから。

●「マナーハウスをアピール」キャンペーン

 サイトに動画やバナーを貼って『MANOR HOUSE』を応援するキャンペーンです。気に入った動画やバナーを貼ってフォームから応募すると、なんと各1名様に森薫さんorもとなおこさんの直筆色紙が当たっちゃうかもしれない! 森さんの色紙が紹介されてますが、壁紙がたいへんなことになっております(笑)。

 お茶好きに定評のある紅茶屋さん「ティーズリンアン」による『MANOR HOUSE』オリジナル紅茶が当たるコースもあります。こっちもいいな〜。

 リンアンのメルマガは私も登録していますが、お茶の歴史について独自の研究をされていて面白いです。19世紀のアイスティーの淹れ方が紹介されたこともありました。

 ……えーと、どっちも欲しいです。素で。

●コラム更新

 今回はメイドのお話です。M田さんの画像セレクトがたいへんナイスです(笑)。
posted by rico at 00:23| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする