2013年06月22日

『エドワーディアンズ』装画について


『エドワーディアンズ 英国貴族の日々』
ヴィタ・サックヴィル=ウェスト著 村上リコ訳
【amazon】 / 【楽天】 / 【紀伊國屋書店】


 もうじき発売の新刊翻訳書です。一部のオンライン書店に書影がアップされました。内容紹介文もふくめ、随時更新されていくかと思います。なお、詳しい内容や出版の経緯についてはひとつ前の記事をごらんください。

 今回の装画として使用している絵は、ジョン・シンガー・サージェントによる「ウォリック卿夫人とその息子」1905年。制作年は時代設定にばっちりです。登場人物の誰かのイメージということではないのですが(主人公である美青年公爵セバスチャンの少年時代、と思ってください。いや栗色巻き毛じゃないけれど……)。

Countess_WarwickSon1906.jpg

 twitterでもすこし触れましたが、この絵のモデル、第五代ウォリック伯爵夫人デイジーというひとは、当時の上流社交界で数々の浮名を流した美人で、皇太子時代のエドワード七世の愛人でもありました。ちなみに19世紀の流行歌「デイジー・ベル」のモデルとも言われているみたいで、歌になぞらえて「デイジー、デイジー」と繰り返し女の子に呼びかける場面をいろんなところで見る気がします。「華麗なるギャツビー」にも出てきたし、あとはやっぱり「2001年宇宙の旅」で宇宙船のコンピュータがこの歌を歌う場面が忘れがたく……って、カバーの話からずいぶん脱線してしまいました。

『エドワーディアンズ』とは、エドワード時代の人びと、という意味。エドワード七世時代の上流社会の模様をうつしとった社交界小説です。ちょっとねたばれをすると、小説の冒頭に「この本のなかのいずれの人物も、完全に架空の人物ではない。」という堂々たるはしがきがあって、つまり登場人物にはそれぞれモデルがいます。メインのキャラクターには独自の名前が与えられているものの、それとは別に当時の有名人、貴族、政治家、芸能人、作家や画家などの名もどんどん出てきて忙しいくらい。このウォリック卿夫人と画家のサージェントも、名前だけ、何度か繰り返し登場します。

 19世紀末から20世紀初頭、華やかで贅沢でちょっと軽薄な、エドワード七世の仲間集団の空気を代表するような女性と、美しい子どもの肖像。何かしら縁とつながりを感じる表紙ができました。

【amazonで購入】 / 【楽天ブックスで購入】 / 【紀伊國屋書店で購入】
posted by rico at 21:28| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする