2013年06月16日

2013年英国旅行(1)5/27〜28 ウィンザーから北へ

 途中で力尽きない程度にさらっと旅行メモを記しておこうと思います。よろしければお付き合いください。

 5月27日、ヴァージン・アトランティックで成田からヒースロー空港へ。到着後すぐ、レンタカーを借りてウィンザーに向かう。

0527_01.jpg

 「メルキュール・ウィンザー・カースル・ホテル」にチェックイン。入り口は狭そうに見えるが内部は奥行きがあって、通路は入り組み、いかにも古い建物を改装したという雰囲気。部屋は広くて綺麗で、浴室にはバスタブもついている。なかなかおすすめ。

0527_02.jpg

 なんと宿の階段ホールに使用人呼び出しベルが! もちろん飾りだけど、初日からなんとなく幸先いい気がする。……などと思うのはきっと自分だけ(笑)。

0527_03.jpg

 夕食は近場の「カーペンターズ・アームズ」へ。建物、内装は伝統的で、サービスは感じがよく、味も悪くなかった。夕食を出すパブと飲むだけの店があるんだと知ったのは渡英3回目くらいのときだったっけ。

0527_04.jpg

 すでにかなり日が長く、夜八時くらいでも明るい。ウィンザー城の坂の下のヴィクトリア女王像。

 翌28日、チェックアウトは11時までなので、部屋はそのままで昼前まで徒歩で観光。あいにくの雨で、この日が一番寒かったかも……。

0528_01.jpg

 〈ウィンザー城〉。勲章授与の儀式に使われるホールや大きな宴会広間は壮麗で、公式儀礼の場という印象。とはいえ、堀の部分が個人宅のお庭のように手入れしてあるあたりは、「女王のおうち」感をかもし出していた。

 昨年がエリザベス二世の即位60周年(ダイヤモンド・ジュビリー)、そして今年は戴冠式から60周年。先の王が亡くなるとすぐさま後継者が即位ということになる(これは貴族の爵位も同じ)けれど、戴冠の儀式はすこし間をあけるので、記念の年がずれるのだ。ショップには戴冠式にまつわる書籍、図録の類がいろいろと出ていた。

0528_00.jpg

 ウィンザーの大通りの目立つ一角にこんなパブがあるのが目にとまる。ケンブリッジ公爵夫人、2011って、ウィリアム王子と2011年に結婚したキャサリン妃のこと。すばやいというか商魂たくましいというか……。いやまあ、昔から全体的にこんな感じだったのだろう。あやかり商法も100年経てばりっぱな伝統。

 でもクチコミサイトを見てみたら「カーペンターズ・アームズ」よりランキングは上だった。しまったかしら(笑)。

 ウィンザーのホテルをチェックアウトして車で北へ向かう途中で〈ウォーバーン・アビー〉に立ち寄る。豪華で美しかったが、雨にたたられて敷地内の徒歩移動がままならず、外観の写真を撮りそこねてしまった。

0528_02.jpg

 ベッドフォード公爵邸の代々の主邸で、「アフタヌーン・ティー発祥の地」。ここで昼食にした。カフェテリア形式のふつうのティールームではあるけれど、ひとつひとつのテーブルに、なまの薔薇が飾ってあったところに、そこはかとなくもてなしの心というか矜持のようなものを感じた。
ラベル:2013年英国旅行
posted by rico at 16:04| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする