2013年05月12日

映画「ヒステリア」見たよ! おすすめ!



http://www.hysteria.ayapro.ne.jp/

 19世紀末ロンドン(予告ムービーでは1890年になってるけど本編字幕では1880年)。やる気はあるが先進的すぎて周囲とうまくいかない若き医者モーティマー・グランビル(ヒュー・ダンシー)が、当時、女性の心の病気とされていた「ヒステリア」を局部マッサージで治療するダリンプル医師(ジョナサン・プライス)に雇われる。医師には二人の娘がいて、姉は女性の権利擁護と社会奉仕活動に邁進するシャーロット(マギー・ギレンホール)、妹はおしとやかで可愛いエミリー(フェリシティ・ジョーンズ)。なんやかや紆余曲折いろいろあった末、グランビルは友人で貴族で発明家のエドモンド・セント・ジョン(ルパート・エヴェレット)とともに電動バイブレータの開発を思いつく。

 とてもおもしろかった! さいしょにお決まりの「この物語は真実に基づく」が出るんだけど、すこし遅れておずおずと「本当です」って文字が出てくるの。すごく可愛く。そんなふうな、神経の行き届いたくすっと笑える演出が全編をとおして効いていた。というか、衣装も美術も小道具も、出てくるひとたちもみんな可愛い。せりふは小気味よくしゃれていて、ストレスは最小限で、でも頭のすみでは女子の歴史についてちょっと考えてしまって、最後には気持ちよくなれる。良い映画だと思う。

 なにより、好きなひとにはたまらないヴィクトリアン・トリビアがいっぱいなのが嬉しい。いきなり細菌説とリスターの消毒法をめぐってのやり取りから始まって、怪しげな売薬についての嘆きとか、エドモンドの部屋に初めて電話が開通して「電話に」「女王陛下に」「女王陛下への電話に」なんてお洒落な乾杯をしてみたり、エミリーと初めて出会ったときの会話が「ご趣味は? 地質学? 植物学? 蝶の研究ですか?(当時のお嬢さんの定番みたいなラインナップ)」「いえ骨相学ですの」って! そもそも姉妹の名前がシャーロットとエミリーって! 「婦人参政権運動のパンフレット配ってたら逮捕されちゃって」はちょっぴり時代も早いし用語法も微妙な感じがしたものの、それはそれ。ああ楽しかった!

(パンフレット買っちゃったんだけど、セクシュアルな方面のコラムが充実しているかわりに19世紀英国ならではの風俗時代背景こねたはほとんど出てこなくて、ちょっと拍子抜けしてしまった……なんなら言ってくれれば……もごもご)

 まだ都内では始まったばかりで、全国順次公開みたいなので、わたしの本とかこのブログをわざわざ見に来てくださるような趣味をおもちの皆様はぜひぜひどうぞ。
posted by rico at 19:39| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする