2013年02月15日

ちょっと役立つ(かもしれない)ヴィクトリアン小話いくつか

 ちょっとまえにツイッターでつぶやいたものの加筆再録です。

●2012年12月09日(日)

新・三大「サイズ感を誤りやすい英国ヴィクトリア時代の事物」その1・封筒。約12センチ×7センチ、かなりちいさい。若き令嬢の愛らしい手ひらにもすっぽり収まる。
posted at 19:31:18


 ※ちなみにこれは「1870年代いっぱいまで好まれた」サイズ。『ヴィクトリア朝百貨事典』より。

新・三大「サイズ感を誤りやすい英国ヴィクトリア時代の事物」その2・紙幣。約21センチ×13センチ強。だいたいA5サイズを横に倒したぐらいでデカイ。額面5ポンドからで、金貨(1/2&1ポンド)より高額。庶民にはたぶん縁がない。
posted at 19:34:16


最低額の紙幣1枚で下っ端メイドやボーイの年収まるっと払えてしまうと考えるとね。
posted at 19:35:38


 ※見た目はだいたいこんな感じ(1940年代のもの)で、5ポンド札の通称は「ホワイト・ファイヴァー」。

●2012年12月11日(火)

新・三大「サイズ感を誤りやすい英国ヴィクトリア時代の事物」その3・ワイングラス。いまの赤ワイングラスは両手でもあまる大きさだったりふちに向かってすぼまってるものが多いが、あれは20世紀中盤につくられたもので、それより昔のものはかなりちいさく、ガラス厚め、ステムも短い。
posted at 10:07:06


(続き)ちゃんと調べきれてないけど、「ワイングラス1杯ぶん(wineglassful)」の容量は2液量オンスだったり4液量オンスだったり(60ml〜125ml)。ビートン夫人の料理書1907年ではおよそ70mlだった。
posted at 10:26:39


(続き)いずれにしても「思ったより小さい・すくない」ので、ちょっと古めの外国のレシピを使ってて「ワイングラス1杯のブランデー/ポートワイン」と書いてあって、いまのブルゴーニュグラスになみなみいれたら大変なことになる(笑)
posted at 10:28:09


Beauty & Co. │RIEDEL HISTORY Vol.1 リーデルの誕生 http://t.co/8TABPuPU リーデル社のワイングラスの歴史をマンガで。オチがすてきだった。
posted at 10:39:26


posted by rico at 20:12| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする