2019年12月28日

『コミック版世界の伝記 エメリン・パンクハースト』2020年1月発売


コミック版世界の伝記 エメリン・パンクハースト

漫画/瑞樹 奈穂
シナリオ/村上 リコ
監修/佐藤 繭香

発売年月 2020年1月
ISBN 978-4-591-16478-5
定価 1,045円(本体950円)
ポプラ社
「言葉よりも行動を!」女性の地位向上のために闘ったイギリス女性参政権運動のカリスマ、エメリン・パンクハーストの生涯。

楽天ブックスで購入 / amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入


 児童向け伝記コミックのシナリオを手がけました。イギリスやアメリカでは多くの専門書が書かれ、もっと低年齢向けの絵本にもなるほど知られている人物ですが、単独でくわしく取り上げられている日本語の本は少ないため、あれこれの英文資料を読んで自分なりの人物像を作っていきました。漫画の原作・シナリオを書くのは初めてで、不慣れな点が出てしまったかもしれませんが、編集さんや漫画家さん、監修の先生のお力で形になってほっとしています。中のデザインにも紫や緑がいっぱい使われて、とてもきれいな本に仕上がりました。
 
 漫画は『フラガール』のコミック化や、同じポプラ社コミック版伝記シリーズの『グレース・ケリー』『アガサ・クリスティー』などを手がけられた瑞樹奈穂さん。監修は『イギリス女性参政権運動とプロパガンダ: エドワード朝の視覚的表象と女性像』の佐藤繭香先生です。

 子どもの読む本の世界にこのようなトピックをどんどん広げてもらいたい一心でがんばりました。お手に取っていただけると幸いです。



posted by rico at 18:18| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

2019年の書き物仕事まとめ

「2019年は、また少し方向の違う仕事にも挑戦していく予定です」――とひとつ前の年始のエントリに書いたはいいが、あっという間に時は過ぎてもう年末。今年は時間をかけて取り組んだ仕事がまだ世に出ず、短文のみとなりました。

 ま、こんな年もあるよね。ということで、まとめておきます。読んでくださった方、ありがとうございました。


ミュージカル『レベッカ』

rebecca.jpg

プログラム コラム「はざまの時代に生きる「わたし」の物語」


映画『ヴィクトリア女王 最期の秘密』

victorian.jpg

プログラム コラム「ヴィクトリアとアブドゥル、身分違いの友情」


スーザン・ハーラン著 富原まさ江訳『文学の中の家―『自分だけの部屋』を装飾する方法―』

解説「文学のお屋敷に行こう」


テレサ・オニール著 松尾恭子訳『ヴィクトリアン・レディーのための秘密のガイド』

解説「ヴィクトリア朝への(魅惑的で、危険な)旅をサヴァイヴする方法」


 なお、2020年早々に、このところがっぷりだったお仕事が発売になる予定です。いつもがんばっているつもりではありますが、内容的に、対象読者的に、特に思い入れのある企画になりました。どうぞよろしく。


posted by rico at 15:56| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。