2014年05月20日

英国時代ドラマ「ダウントン・アビー」NHK地上波で放映中



 わたしの仕事を前から見てくれてるひと、このブログに通ってくださっているような「趣味の合う方」には必見の英国ドラマ「ダウントン・アビー」が、2014年5月11日、地上波NHK総合、日曜日23時から始まっています。

1912年。ダウントン・アビー当主、グランサム伯爵のもとにある日突然、舞い込んできたのは、豪華客船タイタニック号沈没の悲報。長女メアリーの婚約者で、将来グランサム伯爵の爵位と財産を継承するはずだった甥(おい)パトリックが、船もろとも帰らぬ人となったのだ。代わりの相続人として現れたのは遠縁の中流階級の青年マシューだった…。

 NHK番組公式サイト http://www9.nhk.or.jp/kaigai/downton/

 DVD発売元公式サイト http://downtonabbey-tv.jp/


 華麗な衣装や美術や小ネタ、考え抜かれた小気味の良いせりふ、デイム・マギー・スミスをはじめとしたすばらしい役者陣の演技、そしてたっぷりじっくりねっとり描かれまくるカントリー・ハウスの舞台裏、家事使用人たちの暮らしぶり! とてもおすすめ。時代考証的に楽しい見どころがいっぱいなので、毎週、ツイッター実況的なことをやっております。勝手に応援隊です。お祭りです。



 お仕事として深くかかわっているというわけではないのですが、DVDの発売元ユニバーサルの公式サイトにちょっとだけ原稿を書いたり、BS Onlineの岸川靖さんのコラムや、NHK番組公式サイト「限嗣相続」の解説もお手伝いしました。



 こんな感じで、「あの海外ドラマ」放映にあわせて既刊に新しい帯をつけていただき、一部の書店店頭では河出書房新社ふくろうの本「英国貴族フェア」が展開されているはず……。いま、絶賛執筆ひきこもり期間中にてぜんぜん本屋さんに行けていないのですが、もし店頭で目撃したら教えてくださいね。



 ついでに、ダウントンのお話だけする予定ではないのですが、6月にはこんな企画もありますのでよろしければ遊びに来てください。緊張。


 ↓以下、twitter実況ログ。録画再生や、今後DVDが発売された暁には鑑賞のおともにどうぞ(2話の分です。1話はあっぷあっぷしすぎてちょっとまとめてみるには耐えない感じだった……)

続きを読む
posted by rico at 10:11| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする