2014年03月10日

ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ〜あしながおじさんより〜』シアタークリエ


 http://www.tohostage.com/ashinaga/
 3/4昼の部を観劇してきた。ジルーシャ役に坂本真綾、ジャーヴィス役に井上芳雄、キャストは二人きりのミュージカル。2012年以来、今回で三度目の再演らしい。好評もよくわかる、役者さんの演技と、何より脚本がとてもよかった。

 http://www.daddylonglegsmusical.com/
 もともとカリフォルニアで初演された作品で、ロンドンなど各地で上演され、日本人キャストの翻訳版になったものだそう。脚本・演出はオリジナル版のジョン・ケアードで、セットも劇評の舞台写真を見る限り同じなので、海外版に忠実な翻訳なのじゃないかと思う。わたしはミュージカルそのものをあまり見たことがないのだけど、ロンドン版の舞台写真を見たとき本棚に囲まれたセットにぐっと心をつかまれ、いつか機会があったら見てみたいなと思っていた。

 この本棚と書斎はずっと舞台の上にあるままで、多少窓があいたりするほかは場所が移っても大きな転換はない。たくさんのトランクがあり、すべて二人の役者さんが動き回って、中からものを出したり箱を動かして積み重ねたりして変化を出しながら進行する。その場でしゃべりながら細かく着替えもする。楽しい。


 http://www.johncaird.com/index.html
 脚本・演出のジョン・ケアード、すごいひとなんだな〜。たまたま誘っていただいて何も知らずに行ったけど、いや、いいものを見た……。

 原作のジーン・ウェブスター『あしながおじさん』は100年とすこし前にカナダで発表された話で、当時としては先進的なところはあったけれど、「お金持ちの男が聡明な孤児の少女にお金と教育を与えてひきあげてやり、結婚する」という直球のシンデレラストーリーは、どうしたってそのままでは現在の成人女性には響きにくい。その引っかかる箇所を、このミュージカルでは脚本の工夫で上手にクリアしている、と思った。

 意欲はあっても、恵まれない境遇のため足りない部分のあった女の子が、本をどんどん読んで知的に成長していく。そのさまを、舞台の上にちらばる大きなトランクから次々に本を出して舞台の縁に並べていくことで表現する。そしてお金や知識はあってもやはり欠けた部分がある男が、彼女の手紙を読み、本棚にどんどん貼っていくことで心の成長をみせる。知性VS心、というのは類型的ではあるけれど、どちらが上というのでもなく拮抗しながら(いや、どちらかというと女子優勢のふりまわしモードで)お話はすすんでいく。

 読むことと書くこと、ことばの応酬と積み重ね。書簡体の原作にならって、せりふも詞も大半が手紙文だけれど、ひとつの手紙のフレーズや単語をうまく男女にわりふることで、ときにはバトル、ときには励まし、ときには期せずして愛の告白と、関係性をめまぐるしく変えながら生き生きと描いていく。それぞれが細かく受け持つことばの取り方によって、「そのとき何をいちばん大事に思っているか」が、まっすぐ伝わってくるしくみ。うまい。

 会場は満員。ジルーシャ役の坂本真綾さんは元気いっぱいでほんとに可愛い。長くてボリュームたっぷりのスカート姿で舞台上に散らばる大きなトランクをどんどん押して動かしたりするのがほんとに、見てるだけで胸がきゅっとなる。ジャーヴィー坊ちゃんの井上芳雄さんも、プライドと罪悪感に揺れる、ちょっとこどもっぽい、恋する男を好演。どちらも「自分だけで、周りの誰も見てないと思ってる時間」がずっと続くので、隙だらけの可愛げが全開になる。この二人の憎めないキャラクターで、原作の設定やストーリー上の古めかしさ、気になる点を大幅にカバーしている感じ。男性からの視点をがっつりと入れて補完しているために、ああ、そっちも悩み、逡巡していたのね、とすんなり「許してあげる」ことができる。ちょっと『高慢と偏見』のミスター・ダーシーを連想した。
 
 歌の訳詞がいまひとつ日本語としてこなれていないのが惜しい。原作を読んでいればおおまかにはわかるけど、意味や語順がおそらく英語の原詞に忠実すぎるために、飲み込みにくい。倒置文の助詞が次のフレーズにこぼれたりするのがどうも、二人とも歌声はすばらしいのにもったいない。あともうひとつ、若草物語にジェイン・エアにアリスにシェイクスピアと、孤児のジルーシャが友だちとの読書歴の差を埋めるために読む物語のタイトルがたくさん出てくるところが個人的に原作の大好きなところなんだけど、そして舞台の上は本棚に本だらけでものすごくテンションがあがるんだけど、終演後にステージに近づいて観察したら、小道具の本は特に考証はされていない現代の洋古書だった(笑)。そこはこだわっても仕方ないかもしれないんだけど、ちょっと残念だった。


 ルビコン・シアターのオリジナル版(たぶん)
posted by rico at 03:05| 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする