2017年01月24日

『図説 英国社交界ガイド』紹介とあとがき公開



『図説 英国社交界ガイド エチケット・ブックに見る19世紀英国レディの生活』
村上 リコ 著
単行本 A5変形 ● 128ページ
ISBN:978-4-309-76249-4 ● Cコード:0339
発売日:2017.01.26

 19世紀の英国において、力を増した中流階級に属する女性たちは、貴族や地主の生活スタイルをまねることで、少しでも上の「社交界」に近づこうとしていた。当時、数多く出版されていた「エチケット・ブック」の記述を手がかりに、ヴィクトリア時代の中流女性が送った社交生活を再現し、彼女たちの心情に迫る。

楽天ブックスで購入 / amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入

 2017年1月26日ごろ発売になります。河出書房新社「ふくろうの本」シリーズで4冊目の新しい書きおろし本です。読んでくださるみなさま、いつもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2017-01-24 11.21.15.jpg

 詳しい目次です。クリックで拡大すると読めます。

 社交とは、人付き合いのこと。社交界とは、身分の高い人びとが交際する小さな社会。19世紀から20世紀初頭の英国で、「社交界に入りたい」人、「その世界で名誉ある地位を占めたい」人が、「武器」として、あるいは「パスポート」として、身につけておかなければいけなかったものはなんだったのか。エチケットを覚え、服装を整え、紹介を受けて訪問し合い、本格的なパーティーに招き招かれ、もてなしもてなされ、互いを品定めし、地位上昇を狙う……。そんな彼女たちの日常と野望を、当時の「エチケット・ブック」の記述から考察しています。もし自分だったらどうするだろう……と、身近に感じてもらいたくて、書き方を工夫してみました。

2017-01-24 15.29.33.jpg

2017-01-24 15.31.56.jpg

2017-01-24 15.33.43.jpg
 
 いつものように、当時のようすがわかるような風俗画、風刺漫画、ファッション画などもいろいろと収録しています。

 この本で何をしようとしたか、書いてみてどうだったか、以下に「あとがき」を公開しますので、読んでいただけると幸いです。


 あとがき

「エチケット」が苦手です。
「空気を読む」のもとても下手です。
 そんなわたしですが、たまに英国ヴィクトリア時代を舞台とした作品の制作に参加して、当時のマナー、エチケット、人どうしの距離感やふるまい方の「法則」を調べる仕事をすることがあります。そうしてわかった情報を、一冊の本にまとめておけば、いずれリファレンスブックのように使えるかも――と、そんなもくろみ(取らぬ狸の皮算用)のもと、この本の企画を立てました。
『社交界ガイド』というタイトルは編集部でつけていただいたものです。この題から、華麗なる上流社会のすべてがわかる、貴族とつながりがあったりする「ハイソサエティな」人が書いた本……を想像してお求めになった方がいたとしたら、ご期待を裏切って申し訳ありません。わたし自身は王侯貴族や社交界などまるで縁がなく、むしろ現実世界では、階級社会に疑問を抱いているほうです。
 エチケットは苦手です。
 どうしてそんなに苦手なのか、この本と向き合って、少しわかった気がします。人付き合いに暗黙のルールがあること。その、ひとつひとつのルールを決めているのは誰なのか、よくわからないこと。ルールがひとり歩きして様式化していくこと。客観的に見ることができれば面白い現象ですが、なんというかこう、社会のルールを理解できず、「空気を読めず」、きまりの悪い思いをした過去のあれこれがよみがえり、執筆にはいつも以上に時間がかかってしまいました。関係各位にはご迷惑をおかけしました。
 マナーは大切だよ、思いやりだよ。人生を豊かにするよ、という考えの方にも、わたしのようにエチケット全般が苦手な人にも、この本が、何かを考えるきっかけになってくれれば幸いです。

二〇一六年一二月 村上リコ




楽天ブックスで購入 / amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入

posted by rico at 15:53| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2017年のご挨拶と新刊『図説 英国社交界ガイド』のお知らせ

punch18670831moji.jpg
『パンチ』1867年8月31日、ジョージ・デュ・モーリエ「ティットウィロー夫妻、おいとまごいをいたします」より。(文字無しの図版と解説は新刊本に収録予定)

 旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお付き合いのほどをお願いいたします。
 
 2016年は、前年の『図説イングランドのお屋敷』に続き、トレヴァー・ヨーク著『図説英国のインテリア史』の翻訳書を出すことができました。マール社より好評発売中です。また、12月に宮城学院女子大学に招いていただいておこなった講演も印象に残っています。学生さんたちの言葉に触発されて、わたしも自分の考えを素直に表現していかなければいけないという思いを新たにしました。ありがとうございました。
 
 太田詩織著『オークブリッジ邸の笑わない貴婦人』シリーズの監修をさせていただきました。19世紀の生活を北海道で真剣に再現するという内容の連作短編小説です。

 枢やな著『黒執事』では引きつづき漫画連載のアドバイザーをつとめています。また、今月公開になる劇場版『黒執事 ブック・オブ・アトランティック』ではひさびさにアニメ制作の考証協力もしました。

 国書刊行会より、「シャーロック・ホームズの姉妹たち」と題して、19世紀末と20世紀初頭にイギリスとアメリカで発売されたレアな女性探偵小説の邦訳が発売されました。ファーガス・ヒューム著『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』レジナルド・カウフマン著『駆け出し探偵フランシス・ベアードの冒険』(いずれも平山雄一訳)の二冊に、僭越ながら解説を寄せています。「当時の生活や女性に関することならなんでも自由に」とのご依頼だったので、本当に自由に書かせていただいてしまいました。お読みいただけますと幸いです。

 そして昨年後半はオリジナルの著書に取り組んでいたのですが、思いのほか苦労して時間がかかってしまい、現在にいたります。ようやく今月末、河出書房新社ふくろうの本より『図説 英国社交界ガイド エチケット・ブックに見る19世紀英国レディの生活』として発売になる予定です。「エチケット・ブック」の記述を通して19世紀英国ミドルクラス女性の社交生活を想像する本です。詳しい内容については、追々紹介していきますね。

楽天ブックスで購入 / amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入

 書影はまだですが、書店での予約は始まっています。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
posted by rico at 00:57| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

翻訳書の企画持ち込みの話


 先日、仙台の宮城学院女子大学で学生さん向けに講演をし、翻訳出版をしたい本があるが、企画の持ち込みはどうやってするのか、という質問を受けました。これはたまに聞かれることでもあるので、自分の場合を少しまとめておきます。あくまで自分の場合であって、他の方はまた違う経験をされていると思います。

 なお、自分自身もまだまだ経験の浅い身であり、経歴を存じ上げない方から個人的に企画を送っていただいても、世に出してさしあげる力はありませんので、あらかじめご了承ください。

 まず、最初の著書『図説 英国メイドの日常』を書いたときに付き合いのできた担当編集者に、次に翻訳して出したい本の企画書と試訳を渡して、検討してもらい、運よく形になったのが『英国メイド マーガレットの回想』です。先の本の中に、自分が魅力的だと思う記述を引用して論拠にしていたので、先方にもすでに内容が伝わっていたという強味はあったと思います。
 
 そのあと、別のところから近いジャンルの本の依頼をいただく形で『図説 メイドと執事の文化誌』の翻訳をしました。もともと原書の刊行前にエージェントから出版社にオファーされたものだそうです。それから同じ著者の旧作を続けて出したらどうかと、これは自分で企画書を作って提案し、制作期間の都合で別の方に翻訳を任せて監修のみをしました。『英国の幽霊伝説』です。

 翻訳権が空いているかどうかは、企画書を渡したあと、出版社がエージェントに問い合わせて調べてくれます。この手順を個人ですることはありません。先に個人的に著者にコンタクトをとったこともないです。

 出版企画書(梗概書、レジュメ)の書き方や持ち込みの仕方は、ネット上を探すといろいろありますが、たとえば以下の記述はわかりやすいかと思います。

越前敏弥 出版翻訳あれこれ、これから
第3回:翻訳出版の企画を立てるには 
 http://dotplace.jp/archives/22868
(リンク先のご本人ブログも参照)

翻訳コーディネーター 加賀雅子さん
 http://www1.vecceed.ne.jp/~gentil/ohanashi.kagamasako.html
(1−2.レジュメ活用術 の項を参照)

 わたしにもこれまでに、ぜひ出したいと思って企画書を書き、あちこちで話をしたけれど、書店での売り場がはっきりしないジャンルのすき間的な内容であるとか、原著者に連絡がとれないなどで、棚上げ、没になった企画があります。もっとキャリアの長い、本格的な、名のある翻訳家さんには、それはそれは多くの「保留」「没」「かと思ったらよそから出た」企画があると思います。

 別のところに複数回持ち込んでお断りされ、なぜ出しにくいのかの説明にも納得がいき、自分の中でもまあ区切りはついた、という本の企画書を、ここにあげておきます。企画書の「フォーマット」の参考にしてください。これはすでに付き合いのある編集さんに渡したものなので、訳者(わたし)の経歴や、読者ターゲット、売り上げ予測などの情報は省いてあります。初めてお会いする方に持ち込みするときはそういう情報もつけることはありますが、なるべく手短にします。

(なお、出版を検討したい、という編集者の方がおられましたら、メールフォームよりご連絡ください。数年前に調べていただいたときは翻訳権は空いていました)

 翻訳の仕事をしたい方は、どうしても自分が出したい本というのがあってそう思うようになったのかもしれませんが、もし職業として継続的に携わるつもりがあるなら、ひとつの本にこだわらず、たくさん企画を作ってみたらよいと思います。がんばってください。
posted by rico at 14:00| メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

トレヴァー・ヨーク著『図説 英国のインテリア史』発売中


図説 英国のインテリア史
著:トレヴァー・ヨーク
訳:村上リコ
ISBNコード:978-4-8373-0907-9 C3071
A5判/80ページ
定価:本体1580円(税別)

<目次>
【第1章】
チューダー様式とジャコビアン様式
Tudor and Jacobean Styles 1500-1660年
【第2章】
王政復古様式とアン女王様式
Restoration and Queen Anne Styles 1660-1720年
【第3章】
初期ジョージ王朝様式
Early Georgian Styles 1720-1760年
【第4章】
中期ジョージ王朝様式
Mid Georgian Styles 1760-1800年
【第5章】
摂政様式
Regency Styles 1800-1840年
【第6章】
初期ヴィクトリア様式
Early Victorian Styles 1840-1880年
【第7章】
後期ヴィクトリア様式およびエドワード七世様式
Late Victorian and Edwardian Styles 1880-1920年
【第8章】
戦間期および戦後の様式
Inter and Post War Styles 1920-1960年

【巻末付録】
・年表
・用語集
・索引

 
 翻訳した本が無事に刊行され好評発売中です。

 前回の『イングランドのお屋敷』と同じ著者、同じシリーズのインテリア史編。部屋の構造から、壁のパーツ、窓や天井、机や椅子や特殊な家具などの時代による変遷を、ヨークさん自身によるイラストで追っています。ページがちょっと少なく値段が据え置きになってしまい申し訳ありませんが、内容は引きつづき濃いと思います。

 このシリーズのイラストには、手描きの文字が書き込まれていることが多いのですが、英単語はなるべく残して、レイアウトの許すかぎりひとつずつに和訳を入れるようになるべくしています。小さな本ですが、「あのアレってなんていうんだっけ」というときに使える一冊にしたいと思ってがんばりました。サンプルページの画像は出版社公式やネット書店のサイトでご確認ください。クリックして拡大するとなんとか文字まで読めるようになっています。

 どうぞよろしくお願いいたします。

楽天ブックスで購入 /amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入
posted by rico at 21:22| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

トレヴァー・ヨーク著『図説イングランドのお屋敷』発売中

cover.jpg

タイトル:図説イングランドのお屋敷 〜カントリー・ハウス〜
著:トレヴァー・ヨーク Trevor Yorke
訳:村上リコ
体裁:A5判/並製/128ページ/オールカラー
ISBNコード:ISBN978-4-8373-0905-5 C3071
定価:本体1580円(税別)

 新しい翻訳書が10月下旬に刊行になり、おかげさまで好評発売中です。
 
 イングランドのカントリー・ハウスの歴史、様式、ディテールについて、中世後期から第一次世界大戦後あたりまでを網羅して解説した本です。

 著者のトレヴァー・ヨークさんは、若いころから歴史的建造物めぐりが大好きで、あちこちをめぐり歩いたといいます。そんな著者自身による写真と、温かみのある手描きのイラストが添えられ、非常にわかりやすい内容になっています。建物だけではなく、歴史と世相による住人の暮らしぶりの変化や、インテリアのディテールや、家事使用人が仕事をしていたキッチンなどの部屋の構造も、かなり詳しく図解してあります。興味のある方にはたいへんおすすめです。出版社の公式サイトamazonの画像見本でページのサンプルを確認できますので、よろしければご利用ください。

 発売前後の時期に、英国政府観光庁のブログとツイッターでプレゼントキャンペーンをしていただきました(告知が遅くなってしまい、また募集期間も短めだったので、すでに締め切られています。すみません)。

 このキャンペーンにともない、「カントリー・ハウス訪問のすすめ」というエッセイを寄稿しました。

 http://ameblo.jp/britain-park/entry-12085266006.html
 
 結論としてはこの本の紹介ですが、単独でも楽しめるように力を入れて書いてます。本には載っていない、村上の撮ってきた写真も紹介していますので、よろしければリンク先で見ていただけると幸いです。
 
 ヨーク氏の著書は、英国では30種類以上も刊行されており、この本が好評であれば、順次ほかの本も続けて出していけると思います。別の訳者の方により『イングランドの教会堂』が今月出る予定で、わたしのほうでももう1冊翻訳するというところまでは決まっています。

 どうぞよろしくお願いします。



楽天ブックスで購入 / amazonで購入 / 紀伊國屋書店で購入
posted by rico at 11:53| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

朝日カルチャー新宿教室「ダウントン・アビー」講座(2015/10/24)&ヴィクトリアンイベント(10/16)来場御礼

 2015年10月24日に朝日カルチャーセンター新宿教室にて「『ダウントン・アビー』鑑賞のための時代背景入門」という講座をしました。





 今回は発売元のNBC ユニバーサル・エンターテイメントにも許可を得て、ドラマ『ダウントン・アビー』の画像や映像を参照しながらお話をすすめました。まず、当時の3つの階級とそれぞれのグループに代表される考え方(とみなされているもの)、キャラクターがどの階級に属するのか、それによってどのような性格付けがされているのか、どんなところにそれが表われているのか……というようなところを考察し、次に複雑な貴族の称号と呼称について、ドラマの内容に絡めて解説しました。さらに、爵位と財産の相続、長子相続と限嗣相続と厳格継承財産設定と女相続人と……などなど、ねっとりやっていたらあっというまに時間切れが近づき、最後の家事使用人のあれこれについてはちょっと駆け足になってしまって失礼しました。ですが、どうしてもお伝えしたかったところについてはなんとかできたんじゃないかと……。

 いろいろといたらないところもあったかと思いますが、何かしら得るものがあったならさいわいです。ご来場いただいたみなさまには深くお礼を申し上げます。

※※※

 また、その1週間ほど前の10月16日には、東銀座のArt Gallery M84にて、石井理恵子さんと共著で9月に出版した『ヴィクトリア時代の衣装と暮らし』関連のイベントにも参加しました。同書のなかで、ファッション史や階級別服装の解説挿絵を描きおろしてくださった松本里美さんの、銅版画の個展『CURTAINカーテン/inside & outside stories』会場でおこないました。トム宮川コールトンさんによる取材写真のスライドショーを見ながら、松本&石井&村上でトーク。

 当日の様子は以下でどうぞ。

松本里美さんのブログ
 http://eggdays.exblog.jp/25003384/

石井理恵子さんのブログ
 http://britcat.blog.so-net.ne.jp/2015-10-18
 
 おしゃべりは得意でなくて、なんだか申し訳ないほどあわあわした感じになっていたような気がしますが(わたしはね)、それは置いといて、写真と銅版画と、お茶とお菓子とワインですてきなひとときになったんではないでしょうか。こちらもご参加くださったみなさま、ほんとうにどうもありがとうございました!



紀伊國屋書店で購入 / 楽天ブックスで購入 / amazonで購入
posted by rico at 18:47| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

『ヴィクトリア時代の衣装と暮らし』発売中

 新しい本ができました。『英国男子制服コレクション』『パブねこ』のライター石井理恵子さんとの共著です。

victorian_cover_syoeiobi.jpg

ISBNコード:978-4-7753-1344-2
Cコード:0077
シリーズ名:制服・衣装ブックス
書名:ヴィクトリア時代の衣装と暮らし
発行年月日:2015年9月10日
判型:A5判
ページ数:160ページ
著者名:石井理恵子/村上リコ
価格:本体2,000円(税別)
新紀元社コード:趣味・実用

出版社より:

 英国には、かつて実際に使われていた建物を移築して、昔の暮らしを再現しているミュージアムがいくつもあります。ヴィクトリア時代をテーマにした場所では、当時の服装に身を包んだガイドさんたちが迎えてくれます。
 また、チャールズ・ディケンズのファンが集まるフェスティバルでは、ヴィクトリア時代の仮装をした参加者たちと出会えます。

 そんな、ヴィクトリアン・ファッションを身にまとった人たちの写真をオールカラーで掲載しています。図版やイラストとは違った、リアルな装いを知る事ができる貴重な一冊です。


 石井さんとカメラマンさん、協力者の方々が、英国各地をまわって、ヴィクトリア時代の生活を再現したオープンエア・ミュージアムやフェスティバルを取材し、集めてきた衣装の写真が主役です。わたしは歴史コラムや年表、ディケンズフェスティバルの章の構成と文章を担当しました。

 着て動き回り、デモンストレーションをおこなうための装いであるせいか、ひとつひとつの衣装や着こなしは、あまり厳密に作られたものというわけではなかったりもするのですが(たとえばロングスカートの下は安全ブーツだったり)、たくさんの写真を見ると、やはり色のついた実物の衣装のイメージ喚起力というのは強力だな〜と感じます。英国の皆さんが考えるヴィクトリアンなファッションってこんな感じ、というのがとてもよくわかります。

「制服・衣装ブックス」としては背景・脇役ではありますが、さりげなく映り込む建物や道具などがまた、たいへん良いです。こちらは基本的に本物か、またはそれに近いレプリカが多いです。本書に登場するオープンエア・ミュージアムには、わたしも過去に訪れていますが、石造りのコテージや、黒光りする鋳鉄のレンジや、大きなお屋敷のキッチンや洗濯室の様子など、生活の匂いの残る空間は、好きなひとにはたまらないものです(わたしとかね)。好きなひとにとってはえりすぐりのお薦めスポットですので、ぜひ実際に訪れてみてほしいなと思います。

 おまけ。わたしの撮ってきたこぼれ画像。本には載っていません。

IMGP6772.JPG
 ブリスツヒル・ヴィクトリアン・タウンの学校。2007年。

P1160670.JPG
 ビーミッシュのメイドの部屋。2012年。

IMGP2255.JPG
 シャグバラの使用人ホールの御者のコート。2006年。

 どうぞよろしくお願いします。

■目次
ヴィクトリア時代の社会と服装

第1章 街と村の人々の衣装
ブリスツ・ヒル・ヴィクトリアン・タウン
ビーミッシュ

第2章 お屋敷の使用人たちの衣装
シャグバラ

第3章 ディケンズの時代の人々の衣装
ロチェスター・ディケンズ・フェスティバル

[コラム]
田園地帯のコテージ暮らし
敷地内の移動には実際に使われていた乗り物で
ビーミッシュを支える衣装部の仕事
シャグバラの歴史と代々の所有者たち
カントリー・ハウスと使用人
「ヴィクトリアン・ファッション」の変遷
ヴィクトリアン・ファッションを楽しむための映像作品
ディケンズの作品とその時代
チャールズ・ディケンズの代表的な作品
ヴィクトリアン・ドレスとエチケット
ミュージアム紹介
アクセスデータ
旅のヒント





紀伊國屋書店で購入 / 楽天ブックスで購入 / amazonで購入
posted by rico at 19:42| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする